狭小地の様々な形状と建設時に予想される問題について。

狭小地に家を建てる。その一(土地編)

狭小地に家を建てる。その一(土地編)

一般的に15坪(50m2)以下の「狭小地」と呼ばれる土地に建てられた家を「狭小住宅」と呼び、特に人口過密の都心部などに多く見られます。限られた広さではありますが、縦に広がる空間の事を考えますと居住スペースの確保も決して不可能とは言えないでしょう。

しかし一言に狭小地と言いましてもその形状は様々です。例えばうなぎの寝床のような縦に長い長方形の土地や変形地と呼ばれる「三角地」や「傾斜地」など、家を建設するのにあまり適しているとは言えないものも多くあります。こういった狭く形の良く無い土地に家を建てるにはそれなりのアイデアと知識が必要となります。

建築業者の中には特に狭小住宅の設計・デザインを得意としている業者もあるようなので、自分でデザインできないという方は検討してみても良いでしょう。

狭小地に家を建てる際によく問題となるのは資材の搬入や外壁を立てる時の作業場の制限などが挙げられます。ですから隣接する建物との距離や道路・通路の幅なども土地を購入する前に検討するべきかと思います。以上のような事を考え合わせた上で夢の狭小住宅を建設しましょう。

  • 10坪あれば大丈夫。
  • 狭小地のカタチで住まいをデザインする。
  • 狭小地建設費用。
  • 狭小地に惚れ込む。

狭小地に家を建てる。その一(土地編)

10坪あれば大丈夫。

実在する狭小住宅に学ぶ家族構成に合わせた間取り。

狭小地のカタチで住まいをデザインする。

狭小地のカタチからデザインする方法と施工や費用。

狭小地建設費用。

狭小地に建てる住宅の建設費用と考慮すべき要素について。

狭小地に惚れ込む。

狭小地の魅力とアイデアを生かしたチャレンジについて。

Copyright(C) 2011 - 狭小地に家を建てる。その一(土地編) - All Rights Reserved.